今ではすでに世に定着した「終活」ですが、具体的には何を指しているのでしょうか。当事務所ではお客様の「終活」も支援もさせていただいておりますが、内容は主に下記のとおりとなっております。

1.エンディングノート作成支援
 →エンディングノートとは、自分の老後や死後のことについて、希望やメッセ―ジを残すものです。遺言書のような法的効力はありませんが、形式は自由に書くことができます。一般的には、介護・医療・葬儀・お墓等についての希望を書くことが多いです。

2.尊厳死宣言書作成支援
 →宣言死宣言書とは、「不要な延命措置はせず、人としての尊厳を保ったまま死を迎えたい」場合に、あらかじめその意思表示を宣言しておくものです。実は、これも法的効力はないのですが、現在では、医療機関においてもこの宣言書がある場合には、その意思を尊重する傾向にあるようです。

3.死後事務委任契約書作成支援
 →死後事務委任契約とは、本人(委任者)が、第三者(受任者)に対し、自分が亡くなった後の葬儀や納骨等の死後の事務についての代理権を与えて委任する契約のことをいい、法的効力を持ちます。一般的には、葬儀・納骨・不動産や動産の処分・財産の相続手続に関すること等を委任します。

4.任意後見契約書作成支援
 →詳しくはこちら

5.遺言書作成支援
 →詳しくはこちら

 終活支援についても、ご相談をお受け致します。どうぞお気軽にご相談ください。



相続手続について
どうぞお気軽にご相談ください

行政書士業務の流れ   お客様の声

メール無料相談   行政書士業務のお申込み



下記の様な場合には、当事務所をご利用ください!

  • 相続手続が発生したが、まず何から始めていいのかわからない
  • 財産の相続手続のために、平日に役所や銀行に行く時間がない


行政書士の守秘義務

行政書士は法律により、守秘義務がございますのでご安心ください。

行政書士は正当な理由がなく、その業務上取り扱った事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなった後も、また同様とする。



相続手続のお申込み

相続手続のお申込み

相続手続の代行を承っております。
御見積も無料となりますのでお気軽にお申込みください。



行政書士へのご相談

行政書士へのご相談

相続手続に関するご相談承っております。
お気軽にご相談ください。



相続手続の対応地域のご案内

対面でのご相談は室蘭市、登別市、白老町、苫小牧市に対応しております。

郵便番号 〒050-0081
住所 北海道室蘭市日の出町3丁目4-32 アイウチビル2F
事務所名 行政書士法人きずな北海道 室蘭支店
TEL 0143-83-6868
FAX 0143-83-5350
営業時間 平日 9:00~19:00
平日夜間(要予約)も対応しております。お気軽にご相談ください。
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket